ブログトップ

教育系

投稿日時:2014-04-01 14:27

資格を取得するためには、スクールに通ったり、指導を受けたほうが良いということがあります。

教育系の資格というのは、種類も多く、子供の教育に関わることができるということがあって、かなり人気も高くなってきているのです。教員免許は短大もしくは四年制大学で専門の課程を修了させなければいけないということがあります。教育実習などにも行かなければいけないので、大変ではあります。教育学部以外でも取得をすることができるようになっているので、大学に入学をした際には取得を目指してみるというのも1つの方法として考えておくと良いです。

他にも司書系の資格であったり、習い事関連の資格というのもあります。ピアノ講師や書道の講師などは絶対になければいけない資格というものはありません。趣味で教えているという人もいます。

比較的幅広く対応をすることができるようになってくるので、どういものを取得できるのか調べて目指してみるのも良いです。

パソコン系

投稿日時:2014-03-25 13:23

パソコン系の資格には事務で役に立つものから専門的なものまで様々あり、種類も豊富なためどの資格が自分にあっているのか判断することが大切です。受験資格も専門的なものだと初級に合格していることが必須だというものもあるので、これから受けようと考えているのであれば内容を確認しておく必要があります。

パソコン系の資格には個人情報を守る役目を果たす情報セキュアドや情報のシステム化をサポートする技術者のシスアド、プログラムを開発する際に欠かせない基本情報技術者試験、ソフトウェアの設計書からテストまで開発にかかわる流れを担当するソフトウェア開発技術者のほか、情報技術に関する知識と経験を経営者の視点で説明するシステムアナリストがあります。

IT業界で人気の資格にはアプリケーションエンジニアやプロジェクトマネージャー、.comMaster、Excel表計算処理技能検定やWord文書処理技能検定試験があります。

事務に役立つDTP検定やマルチメディア検定があります。

言語系

投稿日時:2014-03-18 15:22

言語に関する学問は多彩です。これらを学べば様々な方面に活かすことができます。コンピュータのプログラムも言語系と言えますし、医学の分野でも言語系の領域があります。しかし一般的には外国語の学習が注目されています。

今日では会社からTOEIC700点以上または実用英検2級以上の資格をとるように、といわれている管理職社員がいるはずです。これらの水準は高校上級から大学教養課程に相当します。他の学科の学習をそのレベルでせよ、とは言われませんが、こと英語に関してはこういう事情です。

穿った見方をすれば、社内公用語を英語に使用とする企業が現れていることが理由の一つになるでしょう。もちろん英語ができなければ仕事にならないという分野もありますが、前述の管理職に英語力を求める企業のうち、仕事で英語を使うのはむしろ少数派であることに注目すべきです。

言語系の資格を社員に求めるのは、いずれ仕事の範囲を海外に拡大する予定があるという事情もありそうです。しかしもっと重要なのは、言語系の資格を取るのはなかなか難しいということです。すなわち高度な資格を取ることで、社員の向上心と自己管理能力を鼓舞する狙いがありそうです。

■favorite site
企業出版のご相談なら幻冬舎メディアコンサルティング
出版・セミナーサービスの概算費用やスケジュールなど、お電話、またはフォームにてお気軽にお問い合わせください。
拡張性の高い非常に優れたグループウェア「Google Apps」
20年にわたるシステム導入経験をもとに、お客様のITコンシェルジュとして、Google Appsのことはもちろん、ITのあらゆるお悩みを解決いたします。
オフィスの移転なら賃貸オフィス仲介のKEN ケン・コーポレーション
オフィス移転で、賃貸オフィスに関る有益な情報がたくさんあります。
カフス専門店のアンティークカフスなら
カフス専門店だからできる上質なアンティークカフスがセールなどでお得になることも。
BACK TO TOP