ブログトップ

言語系

投稿日時:2014-03-18 15:22

言語に関する学問は多彩です。これらを学べば様々な方面に活かすことができます。コンピュータのプログラムも言語系と言えますし、医学の分野でも言語系の領域があります。しかし一般的には外国語の学習が注目されています。

今日では会社からTOEIC700点以上または実用英検2級以上の資格をとるように、といわれている管理職社員がいるはずです。これらの水準は高校上級から大学教養課程に相当します。他の学科の学習をそのレベルでせよ、とは言われませんが、こと英語に関してはこういう事情です。

穿った見方をすれば、社内公用語を英語に使用とする企業が現れていることが理由の一つになるでしょう。もちろん英語ができなければ仕事にならないという分野もありますが、前述の管理職に英語力を求める企業のうち、仕事で英語を使うのはむしろ少数派であることに注目すべきです。

言語系の資格を社員に求めるのは、いずれ仕事の範囲を海外に拡大する予定があるという事情もありそうです。しかしもっと重要なのは、言語系の資格を取るのはなかなか難しいということです。すなわち高度な資格を取ることで、社員の向上心と自己管理能力を鼓舞する狙いがありそうです。

PICK UP SITE
BACK TO TOP